タグ別アーカイブ: photoshop

Max_Ezaki氏自撮り_背景白

Max_Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

執筆:Daily GIF89a編集部

この記事で理解できること(文章量:3分)

・作業時間15分ほどで、Photoshopを用いてGIFアニメを作ることができる。

・パペットワープ機能を用いて写真1枚で動きのあるアニメーションの制作方法を理解することができる。

・ぼかし(移動)を使うことで、疾走感のある動きを表現できる。

 

今回制作したGIFアニメ

Max_Ezaki氏の自撮り

どんな角度でも完璧。美しい自撮りの様子をアニメーションで表現してみた。誰しも得意な角度はあるものである。

 

 

今回は、PAKUTASO様のフリー素材を用いて、圧倒的に時間の無駄遣いPhotoshopチュートリアルを執筆する。

前回の大川竜弥氏の記事が非常に好評で、大川氏ご本人にもお読みいただいた。非常に嬉しいものである。

【前回の記事】大川竜弥氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを30分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

 

 

Web制作の現場で使える部分はおそらく無いであろう。本チュートリアルは呼吸すること以外することが無い程、時間がある方にお読みいただけると幸いだ。

 

使用した素材

今回は、フリー写真素材の「PAKUTASO」様で6月24日に公開された、現役ドイツ人ハーフのMax Ezaki氏(@Max_Ezaki)の写真をお借りした。非常に秀逸な表情。妖艶さすら感じさせるその所作。素材の提供感謝申し上げます。

Max_Ezaki氏自撮り1

引用元URL:http://www.pakutaso.com/20140605175post-4276.html

Max_Ezaki氏自撮り2

引用元URL:http://www.pakutaso.com/20140638175post-4275.html

 

制作手順

0.まず全体像の確認をする。最終的に完成するレイヤーは13レイヤーこれらを動かして、全体で29フレームの動画を制作した。

10077 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

0−1.背景

10078 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

背景レイヤーは「塗りつぶしツール」で白く全体を塗りつぶして完成である。

 

0−2.自撮り1レイヤー

10079 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】 自撮り1レイヤーは、自撮り画像の背景を「選択ツール」などで切り取ったら完了である。

 

0−3.自撮り1残像レイヤー

10080 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

自撮り1残像レイヤーは、自撮り1レイヤーを2回コピーし、「フィルター」「ぼかし」「ぼかし(移動)」を選択し、下図のように、角度を「0」、距離を「150」にしてOKをする。

余計な場所を消しゴムツールで消去し、完成。

ぼかし Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】
ぼかし 移動  Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

 

0−4.自撮り1フラッシュレイヤー

10081 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

自撮り1フラッシュレイヤーは、自撮り1レイヤーをコピーし、「フィルター」「描画」「逆光」を選択する。
スクリーンショット 2014 07 05 19 28 40 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】
光源を携帯の近く、明るさを「150」、レンズの種類を「35mm」、最後にOKを選択してフラッシュを浴びたような画像が完成。
スクリーンショット 2014 07 05 19 28 58 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

0−5.自撮り2レイヤー

スクリーンショット 2014-07-05 19.37.44自撮り2レイヤーは、自撮り1レイヤーをコピーし、「編集」「変形」「水平方向に反転」を選択する。

スクリーンショット 2014 07 05 19 39 43 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

反転した後、「編集」「パペットワープ」で下図のようにピンを打ち、「頭」と「腕」を動かす。

スクリーンショット_2014-07-05_19_40_23

0−6.自撮り2残像レイヤー

スクリーンショット 2014-07-05 19.37.55自撮り2残像レイヤーは、自撮り2レイヤーをコピーし、自撮り1残像レイヤー同様に、「フィルター」「ぼかし」「ぼかし(移動)」を選択する。

ぼかし Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】
角度を「0」、距離を「150px」に選択し、「OK」をクリックして、余分な部分を消しゴムツールで消去する。

ぼかし 移動  Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

 

0−7.自撮り2フラッシュレイヤー

スクリーンショット 2014-07-05 19.38.04

自撮り2フラッシュレイヤーは、自撮り2レイヤーをコピーし、「フィルター」「描画」「逆光」を選択する。

スクリーンショット 2014 07 05 19 28 40 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

光源を携帯の近く、明るさを「150」、レンズの種類を「35mm」、最後にOKを選択してフラッシュを浴びたような画像が完成。

 

0−8.自撮り3レイヤー

10085 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

自撮り3レイヤーは、自撮り1レイヤーをコピーし、「編集」「変形」「水平方向に反転」を選択するだけで完成。

スクリーンショット 2014 07 05 19 39 43 Max Ezaki氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを15分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

0−9.自撮り3残像レイヤー

10086 class=

自撮り3残像レイヤーは、自撮り3レイヤーをコピーし、角度を「60」距離を「150」にし、「OK」を押す。

スクリーンショット_2014-07-05_19_53_04

消しゴムツールを選択する。

スクリーンショット_2014-07-05_19_55_12

残像に必要な、「頭」と「腕」部分以外は消しゴムツールで消去していく。

スクリーンショット_2014-07-05_19_55_20

 

0−10.自撮り3フラッシュレイヤー

10087 class=

自撮り3フラッシュレイヤーは、自撮り3レイヤーをコピーし、「フィルター」「描画」「逆光」を選択する。

スクリーンショット_2014-07-05_19_28_40

光源を携帯の近く、明るさを「150」、レンズの種類を「35mm」、最後にOKを選択してフラッシュを浴びたような画像が完成。

 

0−11.撮影後の確認レイヤー

10088 class=

選択ツールで、「撮影後の確認」レイヤーのMax Ezaki氏の画像を切り取る。

選択ツールで撮影後の確認レイヤーを切り取る。

スタンプツールで、「眼鏡」「カード」「スマホについているSquare」を削除して完成です。

スクリーンショット_2014-07-05_20_08_15 スタンプツールで、カードとsquareを削除

0−12.撮影後の確認残像レイヤー

10089 class=

撮影後の確認残像レイヤーは、「撮影後の確認」レイヤーをコピーし、角度を「60」距離を「150」にし、「OK」を押す。

スクリーンショット_2014-07-05_19_53_04

消しゴムツールを選択する。

スクリーンショット_2014-07-05_19_55_12

残像に必要な、「頭」と「腕」部分以外は消しゴムツールで消去していく。

スクリーンショット_2014-07-05_19_55_20

 

0−13.撮影後の確認うなずきレイヤー

10090 class=

「撮影後の確認」レイヤーをコピーし、「編集」「パペットワープ」を選択する。体が動かないようにピンを打ち、あごをわずかに下にうごかすと、頷いている様子が完成する。

スクリーンショット_2014-07-05_20_15_53

1.フレームをコピーし、制作したレイヤーを以下の順番に表示する。

スクリーンショット 2014-07-05 21.14.43

  1. 自撮り1残像
  2. 自撮り1
  3. 自撮り1フラッシュ
  4. 背景
  5. 自撮り1フラッシュ
  6. 自撮り2残像
  7. 自撮り2
  8. 自撮り2フラッシュ
  9. 背景
  10. 自撮り2フラッシュ
  11. 自撮り3残像
  12. 自撮り3
  13. 自撮り3フラッシュ
  14. 背景
  15. 自撮り3フラッシュ
  16. 撮影後の確認残像
  17. 撮影後の確認
  18. 撮影後の確認うなずき
  19. 撮影後の確認
  20. 撮影後の確認うなずき
  21. 撮影後の確認
  22. 撮影後の確認
  23. 撮影後の確認
  24. 撮影後の確認
  25. 撮影後の確認
  26. 撮影後の確認
  27. 撮影後の確認
  28. 撮影後の確認
  29. 撮影後の確認

 

完成したGIFアニメ

Max_Ezaki氏の自撮り

 

制作を終えて

Max_Ezaki様、素晴らしい素材、誠にありがとうございました。読者の皆様、いかがだっただろうか。ぜひPhotoshopのパペットワープを用いてGIFアニメーションを制作してみてはいかがだろうか。また作成した作品はGIFMAGAZINEに投稿するなどして、世界中のクリエイターに見てもらったり、GIFMAGAZINE TVで流してみてはどうだろうか。多くの方の創造性が発揮されるきっかけとなれば幸いだ。

 

【前回の記事】大川竜弥氏の人物写真1枚から、自在な動きのGIFアニメを30分で簡単に作る方法【Photoshopパペットワープ機能の使い方】

Photoshopパペットワープ機能により激しく石を投げる大川氏2

 

当メディアでは、様々なGIFアニメの制作方法や、映像業界を初め多くの方にインタビュー記事を掲載している。feedlyにRSS登録して、更新をチェックしていただけると幸いだ。

【RSS登録リンク】

http://feedly.com/index.html#subscription%2Ffeed%2Fhttp%3A%2F%2Fgif89a.net%2Ffeed%2F

 

執筆:Daily GIF89a編集部

 

【GIFMAGAZINE】http://gifmagazine.net/

GIFアニメ好きのためのGIF作品投稿・共有プラットフォーム

GIFMAGAZINE_appstore_googleplay

 

GIFMAGAZINEアプリ版のダウンロードはこちら

 

android appstore
iOS:https://itunes.apple.com/ja/app/gifmagazine-animated-gif-magazine/id734489230?l=ja&mt=8
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.createbox.gifmagazine

水没する風景

渋谷を水没させる唯一の方法。【Photoshopで水没描写のGIFアニメ−ション制作】

 

執筆:Daily GIF89a編集部(中坂明子)

この記事で理解できること(文章量:5分)

・作業時間10分ほどで、Photoshopを用いてGIFアニメを作ることができる。

・すでにある風景写真から、水没風の風景の画像を作成する方法を理解することができる。

 

今回制作したGIFアニメ

66
渋谷109の前の交差点に、謎の液体が満ちている。液体がゆっくりとたゆたう様は、見慣れた風景を妖しい情景にと仕立てあげている。

 

使用した素材

66

引用元URL:http://www.tokyo-date.net/
今回利用した画像のように、目立つ建物、タワーなどが映り込んだ、メリハリのある風景の方がインパクトある画像になる。

制作手順

1.水面のゆがみ演出の基になるファイルを作成、まずノイズを適用する。

400×400pxで新規ファイルを作成、
フィルター>ノイズ>ノイズを加える から、ガウス分布 量400%
1

 

2.ぼかし(ガウス)を適用する。

フィルター>ぼかし>ぼかし(ガウス) から、半径 2.2
2

3.エンボスをチャンネル レッドに適用する。

レイヤーウィンドウのタブの左、チャンネルウィンドウを開き、レッドを選択した状態で、
フィルター > 表現手法 > エンボス  角度:180° 高さ:1 量500%
4

4.エンボスをチャンネル グリーンに適用する。

同じく、チャンネルウィンドウを開き、グリーンを選択した状態で、
フィルター > 表現手法 > エンボス  角度:90° 高さ:1 量500%
5

5.画面下側を拡大する。

全体を選択、変形>遠近法より画面下側を拡大。
いくらか水面の雰囲気がわかるだろうか?
6

6.PSDファイルとして、水面.psdの名称で保存する。

7

7.加工したい風景画像を開き、図のように水平線の少し上辺りでレイヤーを複製、反転する。

9
10

 

8.複製したレイヤー全体を選択、ツールボックス下部(画像の赤い四角内)のボタンでクイックマスクの状態にして、マスク部分を消しゴムツールを使って道のある方向にパースを付け、選択範囲を変形させる。

12

9.パースを付けたときの余計な部分を削除する。

これで道に沿って水面を作ることができる。
13

 

10.反転させた部分の風景を複製、それぞれぼかし(移動)をかける。

角度90° 距離20px とした。
14
やや水面らしくなったが、まだ作りこんでいく。

 

11.レイヤーを複製する。

反転させた部分の風景レイヤーを2回複製する。元レイヤーを「A」、2枚目を「B」、
3枚目を「水の色」とし、上から水の色、B、Aの順に重ねる。
15

16

12.水の色レイヤーの着色。

今回はピンク色で、透明度100%~74%のグラデーションを作成した。
17

18

 

13.選択範囲はそのままで、Aレイヤーを選択し、置き換え効果をかける。

フィルター>変形>置き換え 水平比率20 垂直比率10とする。
20
OKを選択すると、ファイル選択画面が開くので、先に作った水面.psdを選択する。
21
このようにAレイヤーに水面の模様が置き換えられるのが確認できるだろう。
22

 

14.おなじく選択範囲はそのままで、Bレイヤーを選択し、置き換え効果をかける。

フィルター>変形>置き換え 水平比率10 垂直比率10とする。
23
Aレイヤーとは少し違った形で、Bレイヤーにも水面の模様が置き換えられる。
24

15.水面レイヤーの不透明度を50%に調整

25

ここまでの手順で、ゆらぎの違う2つの水面反射模様が生成された。
次に、よりリアルに仕上げるため、水面近くの水蒸気を作成する。

16.新規レイヤーを作成、「水蒸気」レイヤーとする。Aレイヤーの空白部分を選択した状態にし、白100%~0%のグラデーションで水面近くを着色する。

263031

 

17.選択を解除し、水蒸気レイヤーの水面との境界付近をぼかしツールでぼかす。

32

 

18.アニメーションを作成する。

ウィンドウ>タイムライン からタイムラインウィンドウを表示、
「フレームアニメーションを作成」をクリック。
35

すべてのレイヤーを表示した状態で2秒、Bレイヤーのみを非表示の状態で0.5秒、繰り返し 無限と設定する。それぞれ画像内赤い四角で示した部分、下向きの三角をクリックすると設定できる。
32
再生ボタンも青い四角で示した部分にあるので使ってみるとよいだろう。

19.最後にGIFとして保存する。

ファイル>WEB用に保存 GIFとして保存する。
34

完成したGIFアニメ

66

 

制作を終えて

水の色を変えることで、いろいろな雰囲気を出せる加工方法である。青や緑だと本物の池のような雰囲気、赤や黄色だと幻想的な雰囲気を作ることができるだろう。
駆け足で紹介したが、置き換え部分の比率などを試行錯誤すると、自分なりの方法も編み出せるかと思う。

 

執筆:Daily GIF89a編集部(中坂明子)

 

【GIFMAGAZINE】http://gifmagazine.net/

GIFアニメ好きのためのGIF作品投稿・共有プラットフォーム

GIFMAGAZINE_appstore_googleplay

 

GIFMAGAZINEアプリ版のダウンロードはこちら

 

android appstore
iOS:https://itunes.apple.com/ja/app/gifmagazine-animated-gif-magazine/id734489230?l=ja&mt=8
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.createbox.gifmagazine

GIFMAGAZINE(GIFアニメ投稿・共有サービス)

オフラインでもOK。ブラウザ上で動画をGIF化する簡単機能オープン。【GIFMAGAZINE Movie to GIF】

撮影・執筆:Daily GIF89a編集部

4.ダウンロードする。GIFMAGAZINEに投稿することも可能。

5月20日(火)0時00分、GIFアニメ好きが集まるGIF作品の投稿・共有サービスの「GIFMAGAZINE」で新たな機能がリリースされた。動画ファイル(mp4,webm)をGIFに変換することができ、URLをブラウザで開いたままであれば、オフラインでもGIFアニメが作れる機能、「GIFMAGAZINE Movie to GIF」である。

【動画さえあれば、オフラインでGIFアニメが作れる。】

これにより、mp4など動画で出力した作品をGIFMAGAZINEを通じてGIFアニメに変換することができる。また、「GIFMAGAZINE Movie to GIF」のURLを開いた状態であれば、外出先やオフライン状態の時にもGIFアニメを制作することができる。これにより、ライトにGIFアニメを制作する全てのユーザーの制作環境が整い、様々な環境下でGIFアニメを制作することができるようになる。

  • 画像からGIFを制作する「GIFMAGAZINE Image to GIF」
  • 動画からGIFを制作する「GIFMAGAZINE Movie to GIF」
  • YoutubeからGIFを制作する「GIFMAGAZINE Youtube to GIF」

 

【GIFの作り方(GIFMAGAZINE Image to GIF作業手順)】

1.GIFMAGAZINE Movie to GIF にアクセスし、mp4の動画ファイルをドラッグ&ドロップする。

1.GIFMAGAZINE Movie to GIFにアクセスし、mp4の動画ファイルをドラッグ&ドロップする。

2.GIFにする任意のフレームを選択する。

2.GIFにする任意のフレームを選択する。

3.処理をまつ。

3.GIFになるのを待つ

4.GIFとして切り出す範囲を選択する。

4.ダウンロードする。GIFMAGAZINEに投稿することも可能。

5.「Clickしてダウンロード」をクリックして終了。

  皆様も非常に簡単なGIFMAGAZINE Image to GIFでGIFアニメを作ってみてはいかがだろうか。   GIFMAGAZINE:GIFアニメ好きが集まるGIF作品の投稿・共有サービス 撮影・執筆:Daily GIF89a編集部

新ジャンル「ドMコマ撮りGIF」

「ドM コマ撮りGIF」殴られる一人称構図のコマ撮りを簡単に制作する。【GIFアニメの作り方】

撮影・執筆:Daily GIF89a編集部

新ジャンル「ドMコマ撮りGIF」

【この記事で理解できること】(文章量:3分)

・カメラ撮影とPhotoshopを用いて作業時間15分ほどで非常に簡易的にコマ撮りのアニメーションを制作することができます。

新ジャンル「ドMコマ撮りGIF」
木人形に殴られる一人称構図を可能な限り簡易な手法で制作。木人形の足元に崩れ去る。新ジャンル「ドMコマ撮りGIF」

 

 

GIFMAGAZINE_iOS版Android版同時リリース

 

 

人生で殴られたことって無いな(哀愁)。

最近、殴られたことはあるだろうか?私は無い。「親にも殴られたこと無いのに。(アムロ)」とはよく言ったものであるが、学校生活で殴られるような生徒では無かった。ましてや平和で穏やかな家庭に育った私は殴られることは無かった。一度殴られてみよう。そんな解説記事である。コマ撮りを撮り終えた後に辻褄をあわせに行ったことは断じて無い。そう、断じて無い。特に新しい機能や撮影方法を解説するわけではないが、可能な限り、カメラとPhotoshopやGIMP(無料のフォトレタッチツール)さえあれば、どなたでもGIFアニメを制作できるよう心がけるのでご覧頂きたい。

 

【用意するもの】

・写真素材

・Photoshop(GIMPなどの無料のフォトレタッチツールでも可)

 

【撮影した素材】

■ダウンロード http://dcc.lolipop.jp/gif_media/sample_file/004_do-m.zip

5 1 9 1512 17

 

 

【作成したパラパラ漫画GIFアニメ】

新ジャンル「ドMコマ撮りGIF」
振りぬかれた腕を見つめ、木人形の足元に崩れ去る。謎の一人称GIFアニメ。

 

【制作手順】

1.1〜5フレームまでに腕をゆっくりと振り上げるポーズを撮影した。

1 5 4 3 2

2.7,8フレームではでは腕を手前に動かしながら、カメラに近づくようなポーズを撮影した。

78

3.9,10フレームでは一人称視点を左に動かし、離れる手を見つめるように撮影した。

910

4.11〜15フレームでは崩れ落ちる一人称視点を表現するため木人形の顔を見つめながら地面に倒れるように撮影した。

11 12131415  

5.16〜23フレームでは崩れ落ち、足元を見つめる一人称視点を撮影した。

16 1718

6.撮影した画像を全てPhotoshopにレイヤーとして読み込む。

6.撮影した画像を全てPhotoshopにレイヤーとして読み込む。

7.「ウィンドウ」「アニメーション」をクリックし、アニメーションウィンドウを起動する。

7.「ウィンドウ」「アニメーション」をクリックし、アニメーションウィンドウを起動する。

8.アニメーションウィンドウを用いて、撮影した順番に1フレーム、1レイヤーというように表示をし、任意で写真の色味等を変更する。

  8.アニメーションウィンドウを用いて、撮影した順番に1フレーム、1レイヤーというように表示をし、任意で写真の色味等を変更する。

9.フレームのコピーを繰り返し、23フレーム全て順に表示した様子はこちら。

9.フレームのコピーを繰り返し、23フレーム全て順に表示した様子はこちら。

10.「ファイル」「Webおよびデバイス用に保存」をクリックする。

  10.「ファイル」「Webおよびデバイス用に保存」をクリックする。

11.保存形式をGIFにして保存する。

11.保存形式をGIFにして保存する。

【完成:勢い良く、そして理不尽に木人形に殴られる。社会は常に理不尽なのである。】

新ジャンル「ドMコマ撮りGIF」
新ジャンル「ドMコマ撮りGIF」

 

いかがだっただろうか。今回は特にPhotoshopの機能を活用したわけではなかったが、このように簡易的なコマ撮りでGIFアニメーションを制作してみてはいかがだろうか。また作成した作品はGIFMAGAZINEに投稿するなどして、世界中のクリエイターに見てもらったり、GIFMAGAZINE TVで流してみてはどうだろうか。多くの方の創造性が発揮されるきっかけとなれば幸いだ。

 

当メディアでは、様々なGIFアニメの制作方法や、映像業界を初め多くの方にインタビュー記事を掲載している。feedlyにRSS登録して、更新をチェックしていただけると幸いだ。

【RSS登録リンク】

http://feedly.com/index.html#subscription%2Ffeed%2Fhttp%3A%2F%2Fgif89a.net%2Ffeed%2F

 

GIFMAGAZINE_iOS版Android版同時リリース

 

撮影・執筆:Daily GIF89a編集部