タグ別アーカイブ: 変換

【やはりGIF時代到来】Youtubeが公式に動画をGIF変換する機能を試験的にリリース

【GIF時代再び。】Youtube公式が動画のGIF変換機能を試験的にリリース

original 【GIF時代再び。】Youtube公式が動画のGIF変換機能を試験的にリリース

posted by razokulover to GIFMAGAZINE

「PBS Idea Channel’s」のチャンネル限定で試験的に動画をGIF変換する機能を公開

YoutubeがPBS Idea Channel’sのチャンネル限定で動画をGIFアニメに変換する機能を試験的にリリースした。PBS Idea Channel’sにアクセスした後、任意の動画を選択する。その後の変換手順は以下のとおり

【やはりGIF時代到来】Youtubeが公式に動画をGIF変換する機能を試験的にリリース

1.動画下部の「共有」を選択する。

2.「GIF」を選択する。

3.スライダーを動かし任意の場所を選ぶ※最大6秒間

4.「GIFの作成」を選択し終了

ポイント

・埋込コードが発行されるので、コピーして、ブログ等に貼り付けることができる。
・GIF内の上部、下部に文字を入れることができる。

2014年さらに大きく盛り上がりを見せたGIFアニメ系サービス

gifmagazine&giphy

2014年はGIFアニメが盛上がった。GIFMAGAZINE&GIPHY

2014年はGIFの年であった。GIFアニメ作品の投稿・共有・検索サービスのGIFMAGAZINE(ジフマガジン)が、2014年6月にFacebook、TwitterでGIFアニメを動いたまま投稿可能にし、GIFの検索エンジンGIPHYの盛り上がり、Twitter公式のGIF対応(MP4に変換して投稿)、pixivのうごイラ、そして年末最後にYoutubeが動画のGIF変換機能を試験的に開始した。

2011年スマートフォンの普及を期に「gif」の検索ボリュームはV字回復か

Googleトレンドによる「gif」の検索ボリューム

「gif」の検索ボリューム推移(2004年~2014年) 出典:Googleトレンド 2014年12月12日16:00時点

モバイルコンテンツの閲覧環境は、トイレでの1分間や、移動中の1分間など、わんこそばのようにぶつ切りでやってくる。また、PCのように通信環境が常に良いとは限らない。その環境下において、GIFアニメは長すぎると重くなりストレスとなる欠点はある。しかし、記事中に差し込こむなど、1秒〜2秒の短時間で用いる場合は、短編、ループ、クリックレスというGIFの3つの性質がうまく効いてくるのではないだろうか。モバイルのコンテンツ閲覧において文を読みながら、タップせずに動くコンテンツ(GIF)が展開されるので、非常にシームレスでストレスの無い閲覧体験になる。スマートフォンの普及が1987年に作られた”GIF”を再復興させている理由なのではないだろうか。2015年もモバイルデバイスの進化と共に、GIFアニメに期待である。

【関連リンク】
PBS Idea Channel:https://www.youtube.com/channel/UC3LqW4ijMoENQ2Wv17ZrFJA
GIPHY:http://giphy.com/
GIFMAGAZINE:http://gifmagazine.net/

Photoshop_CC_icon

Photoshopで動画をGIFに変換する方法。

執筆:Daily GIF89a編集部(大野謙介)

この記事で理解できること(文章量:2分)

・作業時間3分ほどで、Photoshopを用いて動画からGIFアニメを作ることができる。

 

今回制作したGIFアニメ

photoshopで動画をgifにする

作業時間自体は2,3分である。

 

制作手順

1.photoshopを起動し、「ビデオフレームからレイヤー」を選択する。

10152 class=

2.読み込む範囲を指定する。今回は、容量を軽くするため「頻度制限」を「6フレームおき」にすることで、フレーム数を少なくした。

10153 class=

3.「ウィンドウ」「アニメーション」でタイムラインを表示し、余分なフレームを削除する。

10154 class=

4.適切なフレームのみを残すことができた。

10155 class=

5.「ファイル」「Webおよびデバイス用に保存」を選択する。

10156 class=

6.保存形式をGIFにして「保存」を選択。

10157 class=

完成したGIFアニメ

photoshopで動画をgifにする

 

制作を終えて

After Effectsなどでこだわりの動画を作成しているユーザーもいるだろう。GIFに変換して、TwitterやGIFMAGAZINE,Pixivなどに投稿して遊んでみてはいかがだろうか。

 

執筆:Daily GIF89a編集部(大野謙介)

 

【GIFMAGAZINE】http://gifmagazine.net/

GIFアニメ好きのためのGIF作品投稿・共有プラットフォーム

GIFMAGAZINE_appstore_googleplay

 

GIFMAGAZINEアプリ版のダウンロードはこちら

 

android appstore
iOS:https://itunes.apple.com/ja/app/gifmagazine-animated-gif-magazine/id734489230?l=ja&mt=8
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.createbox.gifmagazine

youtube動画をGIFに変換するWEBサービスGIFMAGAZINE

YouTubeの動画をGIFアニメに変換できるWEBサービス”GIFMAGAZINE”【GIFアニメの作り方】

youtubeに投稿された動画をGIF画像に変換したい人は多いだろう。GIF作品の投稿・共有サービスのGIFMAGAZINEでは、世界中のGIF作品が閲覧・投稿できるだけでなく、youtubeに投稿された動画をGIFに変換することができる。動画フォーマットと異なり画像として扱えるので、ブログに貼ったり、メールに添付したり様々な場面で共有することができる。以下に使用方法を示す。

【所要時間1分】

1.【GIFMAGAZINE】にアクセスする。

1.youtubeに投稿した動画をGIFに変換するWEBサービスGIFMAGAZINEにアクセスする。

 

2.youtubeのURLをコピーして、ペーストする。

2.youtubeのURLをコピーして、ペーストする。

 

3.youtube動画のGIFにしたい部分を指定する。

※100フレーム以内。fpsは1~15まで指定することが可能。(fpsとは1秒あたりのフレーム数のこと)

3.youtubeの動画でGIFにしたい部分を指定する。

 

4.GIFに変換したyoutube動画にタイトルをつける。

4.GIFに変換したyoutubeの動画にタイトルをつける。

 

5.URLが発行されるので、そのままTwitterやfacebookにシェアすることができる。右クリックでGIF画像を保存することもできる。

5.URLが発行されるのでGIF自体が必要な場合、画像として保存する。

 

1分ほどでyoutubeの動画をGIFアニメに変換する作業は完了した。youtubeにアップロードした動画をGIFに変換したい時にぜひ利用してみてはいかがだろうか。

GIFMAGAZINE:GIFアニメ作品の投稿・共有サービス