コメファコーヒー

【筆者迷走チュートリアルシリーズ】光彩、ビーム表現のGIFアニメを作る。

執筆:Daily GIF89a編集部(ktaro)

この記事で理解できること(文章量:3分)

・作業時間20分ほどで、Photoshopを用いてGIFアニメを作ることができる。

・覆い焼きカラーとぼかし(ガウス)でビームのような表現を理解することができる。

 

 

筆者は、コーヒーが大好きです。ほぼ毎日、1リットルは飲んでると思います。しかし、たくさん飲んでいるが、味の違いはよくわからない。たくさん飲む事では、味覚は鍛えられないみたいだ。違いのわかる男になりたい。

ところで、コーヒーの豆の選別を職業としている人は、スプーン一杯のコーヒーで品質がわかるらしい。「これは、ブラジル産の豆だね。」とか是非、言ってみたい。

 

今回制作したGIFアニメ

コメファコーヒーver1.3

目に見える違いは味よりわかると思う。そんな想いで作った。

 

使用した素材

cup-saucer

ティーカップ

引用元URL:http://www.adigitaldreamer.com/gallery/displayimage.php?album=7&pid=269#top_display_media

 

制作手順

1「新規作成」

20043 class=

2背景を作る。グラデーションツール(円形)を使い、背景に光を取りいれます。好みの場所と長さでマウスをドラッグしてください。ここが重要です。

20044 class=

3素材を手順2で作った光の中心に配置する。

20045 class=

4手順4〜手順7テキストの変形、発光を紹介する。まず、テキストで文字を配置

20046 class=

5テキストをラスタライズ

20047 class=

6「フィルター」→「変形」→「波紋」で変形させる。

20048 class=

7テキストのレイヤーを、「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「光彩(外側)」で効果をつける。ここで、レイヤーの描画モードを「覆い焼きカラー」に変更。さらに、「不透明度」「スプレッド」「サイズ」等を調節する。

20049 class=

手順1で作成した背景の光にテキストがあわせて光る

 

8

8前述した手順で、配置物を好きなだけつくりる。

20051 class=

9光る棒を作る、。レイヤーを新規作成、「長方形ツール」を使用して、白い長い棒をつくる。

スクリーンショット 2014-07-15 0.22.27

 

10手順9で作成した棒を複製する

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2014-07-15 0.23.21

 

 

複製した棒に、「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」をかけ、できた棒レイヤー同士を結合、さらに、前述した手順7を加えると

スクリーンショット 2014-07-15 0.23.48

より、光を帯びた素材ができる。以上

スクリーンショット 2014-07-15 0.25.29

11動かすパーツができたら「タイムライン」を開き、整える

20052 class=

12「web用に保存」拡張子をGIFに変更して保存

20053 class=

完成したGIFアニメ

コメファコーヒーver1.3

制作を終えて

楽しかった。次回は、もっと単純なものを制作しようと思う。

それでは。

 

執筆:Daily GIF89a編集部(ktaro)

 

【GIFMAGAZINE】http://gifmagazine.net/

GIFアニメ好きのためのGIF作品投稿・共有プラットフォーム

GIFMAGAZINE_appstore_googleplay

 

GIFMAGAZINEアプリ版のダウンロードはこちら

 

android appstore

iOS:https://itunes.apple.com/ja/app/gifmagazine-animated-gif-magazine/id734489230?l=ja&mt=8

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.createbox.gifmagazine

GIFMAGAZINE