カテゴリー別アーカイブ: 動画

ヤンキーハムスター

【自主制作アニメ】『ヤンキーハムスター』の可愛さにキュン死した

 

 

 

インターネット界の人気No1の生き物と言えば猫だが、その猫に負けずとも劣らずの人気を持つ動物にハムスターがいる。

もふもふの形、ぴょこぴょこしたコミカルな動きは見る人の心を和ませる。

そんなハムスターを題材にしたキャラクターといえばとっとこハム太郎が有名だが、今回はそのハム太郎に匹敵するほどキュートなキャラクターが登場する動画を見つけたので紹介したい。

それが、

『ヤンキーハムスター』だ。

ヤンキーハムスターは、PisoStudioが制作する短編アニメーションである。

ストーリーはモヒカンのハムスターとリーゼントのハムスターがゲージの中を舞台に等身大のツッパリを繰り広げるといった内容になっている。

ツッパリといってもそこはハムスター、スケールが小さいのでただただ可愛いばかり。

非常にほのぼのする話ばかりで観る者をキュン死にさせること間違い無し!

例えば、

「オレなんかティッシュひきちぎって散らかしてやったぜっ」

「綿棒1本まるごと舐め回してやったぜっ」

といった具合。

ハムスターの世界で等身大のツッパリをみせる「ヤンキーハムスター」、今後の展開にも期待大だ。

※ ヤンキーハムスターのLINEスタンプはこちら → 『ヤンキーハムスターとすてきな毛玉たち

 

 

[参考リンク]

・Youtubeチャネル→Piso Studio

・Twitterアカウント→@PisoStudio

鬼斬娘 再戦

5年の月日を経て生まれ変わった【鬼斬娘 再戦】が凄い!!

 

【鬼斬娘 再戦】という自主制作アニメがある。

ストーリーは、

頭頂部に誇りを生やす化物を「鬼」と呼ぶ世界。
かつて、その誇りを無邪気にも毟り取った少女がいた。
幾年を経て、復讐の鬼と化した化物はついに憎き娘と再会する。

といった内容で、1分ほどのアニメーション作品である。

【鬼斬娘 再戦】はtsubura(Rabbit MACHINEさんとpurikokoさんの2人から成るチーム)が2009年にはじめて自主制作したアニメの『鬼斬少女』のリメイク版となっていて、構図や展開はほぼ同じ。

2009年の『鬼斬少女』は初めて作成したアニメということで鉛筆タッチでとてもシンプルな作品なのだが、これが5年の時を経てフルカラーとなって大進化。

 

2009年に制作された『鬼斬少女』の一場面↓

 

 

 

目にも止まらぬ速さで立ち回る鬼斬娘と鬼の戦闘シーンは自主制作とは思えないほどの迫力だ。

作中の音楽や効果音も5年前からリメイクされていてアクションシーンに一層の臨場感をもたらすことに成功している。

これはもっと続きが見たい!と思ってしまうほど引き込まれるtsuburaの【鬼斬娘 再戦】。

5年前の『鬼斬少女』と比較しながらぜひご覧あれ。

 

 

2009年『鬼斬少女』

 

2014年【鬼斬娘 再戦】

 

【参考リンク】

・tsuburaのホームページ→tsubura

・【鬼斬娘 再戦】や『鬼斬少女』等のYoutubeチャネル→Rabbit MACHINE

・Rabbit MACHINEさんのTwitterアカウント→@Rabbit_MACHINE

・purikokoさんのTwitterアカウント→@purikoko

寿司くん

【自主制作アニメ】寿司くんがシュールで可愛いすぎる

 

 

お寿司をモチーフにしたキャラクターと言えば、LINEスタンプで大人気の寿司ゆきなどが有名だがその寿司ゆきにも負けないほどの存在感をみせるお寿司キャラクターがいる。

それが『寿司くん』だ。

寿司くんは2013年2月21日からYoutubeに公開されている『寿司くん』という自主制作アニメのキャラクターである。

マグロに立派な脚が生えた奇妙な風貌とコミカルな動きはまさに「キモカワ」を体現しておりとても愛らしい。

独特なキャラクターやシュールなストーリーからじわりじわりと人気を獲得し、なんと寿司くんDVDまで発売されている(現在は品切れ)。

また、先述の寿司ゆき同様、寿司くんもLINEスタンプになっており以下のリンクからその詳細を確認することができる。

寿司くん – LINE クリエーターズスタンプ

今のところYoutubeにて全十八話まで公開されており、現在も更新が続けられている模様。

今後もシュールで愛らしい寿司くんから目が離せない。

 

 

【参考リンク】

・寿司くんのYoutubeチャネル→Just10minutesTV

・寿司くんのTwitterアカウント→@koyammer

マイナー長ラジオ体操

ラジオ体操第一をマイナー調にアレンジした動画がなんとも悲しすぎる…

 

小学生の頃に誰もが一度はやったことがあるであろうラジオ体操。

そんなラジオ体操の曲をマイナー調にアレンジした動画がある。

小学生の頃、毎朝6:30からラジオ体操を嫌々やらされていた思い出が蘇ってくる。

モノクロで哀愁溢れる雰囲気がなんとも…。

お盆ボケしている人も多いと思うがひと味変わったラジオ体操で目を覚ましてはいかが?