attrip-アルパカ-

【特集インタビュー】月間137万PVにたどりつくには。人気ブログの裏にある価値あるコンテンツへの追求。[attrip:高橋敦彦]

撮影・執筆:Daily GIF89a編集部(大野謙介)

attripサイト
@attrip アットトリップ

 

 

高橋敦彦氏。ネット上の情報や面白ニュースなどを伝える人気ブログ「@attrip」(アットトリップ)を運営されている。今回はアルパカのアイコンでお馴染みのattrip(アットトリップ)こと高橋敦彦氏にお話いただいた。世界中のおもしろ動画や、楽しいGIF画像、ライフハックな情報が満載で、月間137万PVをお一人で支えるクリエイターである。TwitterやFacebook、Tumblrなどソーシャルメディアを利用している人ならそのアルパカのアイコンを見たことがないという人はいないであろう。

 

高橋氏は多くの人が楽しめる価値あるコンテンツを創りだすために重要なことは、「自分の大切な人が楽しめること」そして「継続性」だと語る。友達や家族でさえ楽しませることができなければ、多くの人の心を動かすことはできない。そして、家族、友達が楽しいことを徹底的につきつめれば、結果として多くの人の心を動かしていると言う。また、ご自身の経験から「1日10件のブログを3年間書き続けること」が近道だ。と、かなりハードルの高いお話もいただいている。圧倒的プロフェッショナルのライターとしておもしろいもの、楽しいものへの追求の中にある高橋氏のattripのスタートのお話や失敗談、成功を支える要因など貴重なエピソードの数々を堪能して頂けたら幸いだ。

 

高橋 敦彦(attrip)

attrip-アルパカ-
1980/8/27生まれ 東京都葛飾区亀有在住。 株式会社イー・エージェンシー。学生時代にホームページを作るのを覚え衝撃を覚える。そのままwebの世界に入った。卒業後、ソニーミュージックのDJKRUSHのサイトを作成。株式会社ホットリンクに入社し、バンダイのサイト作成に関わったり、レコメンドエンジンの効果測定の管理画面を作成した。3年間域情報サイトe-まちタウンの開発運営制作に関わり月間3000万pvまで成長させ、広告モデルも最適化させた。現在は、レコメンドエンジンASP、スマートフォン最適化ツールshutto、受託開発で請負っている企業サイトのソーシャルメディアに関わるサイトのアドバイスなどをしている。ネットサーフィンをしていて一度は目にしたことがある人が多いはずのアルパカアイコンの謎のブロガー。
1エントリーで8000likeをたたき出すなどFacebookで自身のブログエントリを数多くバズらせる事に成功させる。個人ブログのA!@attripは、現在月間137万PVの人気ブログに成長。Facebook、iPad、Tumblr、面白画像をメインに運営。
2012年は京都にて公演及び、GIZMODO元編集長、現長老清田いちる氏と対談。

著書『Facebookコミュニティ成功の法則』(秀和システム)(2012/06)
facebookコミュニティ成功の法則-高橋敦彦著-

 

高橋敦彦氏(attrip アットトリップ)インタビュー

■どうしてattripを始められたのでしょうか?

5年前、WordPressを触ってみようと思ったのがきっかけです。丁度WordPressが流行り始める前ですね、世の中のおもしろいものを紹介する形で気軽な気持ちで書き始めました。

 

ー初めは気軽な気軽な気持ちだったのですね。

 

そうなんです。毎日、読んでいる人の気持ちを大切にしながら書き続けましたね。初めは書かねばならない、楽しませなければならないって義務感はあったかもしれませんね。次第に、体に染みこんできたという感じですね。

 

高橋敦彦氏(attrip アットトリップ)インタビュー

 

■「読んでいる人の気持ち」とおっしゃっていましたが、多くの人を楽しませる上でどんなことが大切なのでしょうか?

やはり、自分が大切にしたい人が楽しめることだと思います。そして、人が悲しんだり、つらい思いをしないことです。たしかに色んな発信の仕方があると思いますので、決してそれを否定したいわけではないのですが、「嫌なら見なければいいじゃない」では済まされないと考えてますね。

 

ー徹底的にエンターティナーなんですね。

 

プロとして、自分の大切にしたい人が楽しいと言ってもらえる先に、多くの人が楽しいと思ってくれる世界があると思っています。自分の家族や友達が楽しませられなかったり、悲しんだりすることは、多くの人を楽しませることはできないですね。だからといって、家族や友達が楽しめて、世界中の人も楽しいとしても、誰か一人の気持ちを悲しませるようではいけないなとも思っています。ちょっとかっこいいこと言いましたね(笑)。

 

高橋敦彦氏(attrip アットトリップ)インタビュー

 

■そんな中、失敗談や苦労されたことを教えていただけますか?

そうですね(笑)。真っ白になってしまったことですかね、WordPressが(笑)。WordPressをお使いの方はよくご存知だと思うのですが、色々チューニングすることってあるじゃないですか。それは焦りますね。あと、サーバーの管理をお願いしていた人と連絡がとれなくなってしまったなんてこともありましたね。でも様々苦労はあったんですが、今考えてみるとその時点では失敗でも今の成長を支えている要素の一つかもしれませんね。

 

attrip アットトリップ
attrip アットトリップ 可愛い動物の動画の紹介記事は非常にほっこりする。

 

■ブログを続けていてよかったことはどのようなことでしょうか?

描いたことが実現していくことですね。ブログを書く中で多くの方とお知り合いになって、様々なお話を聞くことができました。
ぜひ多くの方にTumblrを知ってもらいたいと思い書いた記事がきっかけで様々な方とお会いできました。デイビッドカープさん(Tumblr CEO)とも一緒にお酒を飲んだりもしましたね(笑)。

 

高橋敦彦氏(attrip アットトリップ)インタビュー

 

■どうしたら高橋さんのように創造する人になれるのでしょうか?

1日10件のブログを3年間書き続けることですね(笑)。あれは20歳のころだったと思います。ある飲み友達に、「毎日日記を書き続けたら偉い人になれる」と言われたんです。その時はそんなに重要だと思わなかったのですが、今になって振り返ると続けることって、本当に大事なことだと思っていますね。

 

高橋敦彦氏(attrip アットトリップ)インタビュー

 

■今後の展望を教えていただけますでしょうか?

正直なところ、WEBサービスを作ってのんびりくらしたいなと思っていますね(笑)。「attrip」というだけあって、旅がスゴイ好きなんですよ。楽しい仲間と楽しく仕事をして、南の島で働きたいと思っています。毎年、石垣島に行っているのですが、いいところですよ。オススメですね。

 

 

■読者へのメッセージをお願いできますでしょうか?

「創りだす。」その一言ではないでしょうか。実はニートな時もあったんです。それでも、ノートと鉛筆で絵を書いて創造し、世の中に発信し続けました。友達一人でいいんです。自分が楽しんでもらいたい、その一人に「いいね」って言ってもらえるって本当に幸せなことだと思います。それはブログでも、イラストでも動画でもプログラムでも構わないと思います。「創りだす。」偉そうなことを言うつもりはありませんが、一緒に色々なことを挑戦できたら嬉しいですね。

 

高橋敦彦氏(attrip アットトリップ)インタビュー

 

「自分の大切な人が楽しめること」そして「継続性」毎日書こうと何度思って諦めただろうか。ドキッとした読者も多いはずだ。成功への近道などない。「創りだす。」その挑戦をあきらめないことが何よりも作家性を生むのであろう。

撮影・執筆:Daily GIF89a編集部(大野謙介)

 

高橋 敦彦(attrip)

attrip-アルパカ-
1980/8/27生まれ 東京都葛飾区亀有在住。 株式会社イー・エージェンシー。学生時代にホームページを作るのを覚え衝撃を覚える。そのままwebの世界に入った。卒業後、ソニーミュージックのDJKRUSHのサイトを作成。株式会社ホットリンクに入社し、バンダイのサイト作成に関わったり、レコメンドエンジンの効果測定の管理画面を作成した。3年間域情報サイトe-まちタウンの開発運営制作に関わり月間3000万pvまで成長させ、広告モデルも最適化させた。現在は、レコメンドエンジンASP、スマートフォン最適化ツールshutto、受託開発で請負っている企業サイトのソーシャルメディアに関わるサイトのアドバイスなどをしている。ネットサーフィンをしていて一度は目にしたことがある人が多いはずのアルパカアイコンの謎のブロガー。
1エントリーで8000likeをたたき出すなどFacebookで自身のブログエントリを数多くバズらせる事に成功させる。個人ブログのA!@attripは、現在月間137万PVの人気ブログに成長。Facebook、iPad、Tumblr、面白画像をメインに運営。
2012年は京都にて公演及び、GIZMODO元編集長、現長老清田いちる氏と対談。

著書『Facebookコミュニティ成功の法則』(秀和システム)(2012/06)
facebookコミュニティ成功の法則-高橋敦彦著-

 

 

GIFMAGAZINE