kawacho氏インタビュー

【特集インタビュー】After Effectsチュートリアル、映像クリエイター成長の基礎を創るサイトで初心者の第一歩を。[kawacho]

インタビュー・テキスト:Daily GIF89a編集部 撮影:DailyGIF89a編集部(2014/1/31)

after effects style
 kawacho氏はAfter Effectsのチュートリアルサイト「After Effects Style」を運営している。After Effectsをお持ちの方なら、必ずたどり着いたことがあるであろうチュートリアルサイトである。そこでは、基礎テクニックから、プロでも使える様々なテクニックが公開されている。様々なサイトでも「初歩から応用まで学べるチュートリアルサイト」「まずはこのサイトを見たほうがいい」など、After Effects界隈では無くてはならない存在となっている。
実際に私も「After Effects Style」にてホログラムの表現など、様々な映像表現でお力添えを頂いた。非常に簡単で、After Effects初心者の私でも楽しく創造性を発揮できた。本メディアの読者には実際にクリエイティブな発想を現実に変えたいと思う方が多い。今回はそんなkawacho氏のAfter Effects Styleに対する思いや創造性の原点を探ってみたい。
kawacho
コンテンツ制作会社勤務のデザイナー。「After Effects Style(http://ae-style.net/)」を運営。 ポートフフォリオサイト(http://orangeage.net/)初心者の方からプロまでAfter Effectsでの映像制作を楽しんでもらいたいと、基本操作から、応用技術までのチュートリアルを開設している。After Effectsを始め日本の映像制作現場を幅広く支えている。デザイン、Web制作、モーショングラフィックスを得意とし、シンプルかつカッコ良いデザインが得意なクリエイターである。

After Effects Style(http://ae-style.net/)」

kawacho氏インタビュー

「初めての1歩を踏み出しやすくなったら嬉しいですね。」

 

―After Effects Styleは何がきっかけで運営をなされたのですか?

 

kawacho:After Effectsの初心者向け日本語チュートリアルサイトがなかったからですね。当時(2007年頃)、Web制作会社で働いていたのですが仕事でAfter Effectsを使うことになったんです。使い方をネットで調べたのですが、出てくるのは実践的なことばかりで、これから使いはじめる初心者に向けて解説しているサイトがなかったんですね。で、ないのであれば自分で作っちゃえと。自分の制作メモ的な感じで始めたサイトが次第にアクセス数が伸びていき、After Effectsを初めて取り組もうとされる方々に役立っているということが今は嬉しいですね。

 

 

「”After Effects Style”そのものが僕の人生を変えた作品なんです。」

 

―kawachoさんの今まで創り出したものの中で、人生を変えた作品はなんですか?

kawacho:作品というよりも「After Effects Style」そのものでしょうね。様々な人に出会うことができました。映像制作会社に転職したり、After Effectsのセミナーを開催させて頂いたりと多くの変化も起こりました。まさに今こうしてインタビュー受けているのもAfter Effects Styleがきっかけですしね。After Effects Styleを通じていろんな繋がりが広がっています。

映像とWEB
「映像とWEB」webデザイナー・クリエーター向けのセミナーを開催。

 

「After Effects Styleを見ればなんとかなるようにしたい」

 

―今後の活動の展望を教えていただけますか?

 
kawacho:これからも初心者から初心者でない方まで役立てられるような記事をどんどん掲載し、とりあえずAfter Effects Styleを見ればなんとかなる。というような世界を目指したいですね。そして、セミナーやワークショップ、そのほかにも何か面白いことであれば行なっていきたいなと考えています。

「好きなことや興味があることを全力でやること。」

 

―アート・クリエイティブなアウトプットをしたいと感じている読者へメッセージをお願いします。

kawacho:好きなことや興味あることなど何か全力で楽しめることがあると、いつかそれが自分の強みになっているんじゃないかな、と今はそう思います。好きなことをやっているときは時間を忘れるぐらい楽しいし、辛くても頑張れる。そうやって全力で楽しんでいれば、すぐに変化はないかもしれないけど、いつかふと振り返った時に自分が大きく変化していることに気づくことがあると思うんです。

 

―やりたいことをする。好きなことをやる。それが大切なんですね。

 

kawacho:自分の場合も、サイトを開設した2007年の自分に「今こういうことやってるんだよ。」って言ってもびっくりするくらいの変化がありましたし、周りを見ても好きなことを楽しんで取り組んでいる人は良い変化をしていることが多いですね。
―自分の好きなこと興味があることを全力で取り組む。なかなかできることでは無いかもしれませんね。

 

 

 

After Effects Styleを通して、何かを作り出したい人の第一歩を応援をするkawacho氏、非常に穏やかで謙虚な物腰でインタビューは非常に楽しいものであった。人を楽しませたり、喜ばせたりするクリエイターを世に多く輩出するきっかけを提供できること。このメディアもそのような役割が果たせれば本望である。


インタビュー・テキスト:Daily GIF89a編集部 撮影:Daily GIF89a編集部(2014/1/31)

 

 

kawacho
aftereffectsstyle_logo
After Effects Style http://ae-style.net/
ポートフォリオサイト:ORANGE AGE http://orangeage.net/
映像とWEB[Webデザイナー・クリエーター向けセミナー]
After Effectsなどの映像編集ソフトがより身近になったことから、ウェブ上で映像周りの表現で活躍されている方々をおよびし、映像にも挑戦したいなと思っているwebデザイナー・クリエーター向けのセミナーを主催。年1回くらいのペースで開催。
GIFMAGAZINE