10/3(金) GIFカソン Vol.2開催!GIFアニメ制作に挑戦しよう!

10/3(金) GIFカソン Vol.2開催!GIFアニメ制作に挑戦しよう!

9/11(木) GIFカソン Vol.1開催!初心者OK コマ撮りアニメーションを作ろう!

Photoshopを使ってGIFアニメを制作に挑戦!デイリーポータルZとGIFアニメコンテスト「the GIFs」がコラボ!!

デイリーポータルZと、GIFMAGAZINEとアドビシステムズが共同開催しているGIFアニメコンテスト「the GIFs」がコラボをしてGIFアニメを参加者で制作するイベントを開催する。10月3日(金)のGIFカソンはダイノサトウ氏が解説をする。国際GIFアニメアワードで審査員賞を受賞された方でもあり、国内外で活躍するクリエイターである。

 

GIFカソン日程:

10/3(金)20:00~22:00 GIFカソン:上級者 プロGIFクリエイターダイノサトウ氏の 制作テクニック解説

 第2回GIFカソン  Photoshopで作るGIFアニメ制作!無料参加登録ページはこちら

10/3(金)20:00~22:00 GIFカソン:上級者 プロGIFクリエイターダイノサトウ氏の 制作テクニック解説

 

講師紹介

ダイノサトウ氏のインタビュー記事はコチラ

ダイノサトウ

1968年 東京都出身。東京理科大学建築学部卒業時、設計ミスは人の命と財産を奪うということに、遅まきながら気付き、アニメーションであれば奪うのは時間くらいだと盲信。東放学園専門学校を経て、CGアニメーションの道へ。CG制作会社を経て、1996年よりフリーランスのアニメーター、CGクリエーターとなる。

主な自主制作作品に、『TREEDOM』(1999)、『あか あお ふたりで』(2006)、『カエルのハコ』 (2009)などがある。『カエルのハコ』は、週刊アスキー主催第7回ショートムービーコンテスト(2009)でグランプリ受賞、アヌシー2010で公式上映される。『あか あお ふたりで』は 文化庁メディア芸術祭 2007に於いて審査員会推薦作品に選出。その他の作品も含め、アヌシー(フランス)、シナニマ(ポルトガル)、アニマムンディ(ブラジル)、アニフェスト(チェコ)など、数多くの国際コンペティションで入選し、ICA(ボストン)、ポンピドーセンターなどでも上映される。

GIF作品では、国際GIFアニメアワードにおいて、2014年『性的な魚シリーズ』が天久聖一賞を、2013年『アヒルループ』が八谷和彦賞をそれぞれ受賞。また、東京国立博物館『東大寺大仏展』映像制作(2010)、映画『グスコーブドリの伝記』(2012)、東京モーターショー グッドイヤーブースの立体視映像(2011、2013)、などの制作などにも携わる。2008年、第12回広島国際アニメーションフェスティバルでは、ポスターならびにキービジュアルを手がける。国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA-JAPAN)会員、武蔵野美術大学非常勤講師、京都造形芸術大学非常勤講師。

執筆:Daily GIF89a編集部

GIFMAGAZINE